黒にんにくの効果を考える

黒にんにくが人気の理由

黒にんにくとは生にんにくを熟成させた食品です。生のにんにくは体が弱っているときや疲れている時の疲労回復に使われることが多いですが、刺激性が強い食品のため、食べすぎると胃に負担がかかりやすい、食べた後の匂いがきついため口臭が気になる、などの難点を払拭することができた食品が黒にんにくです。人気の理由は、匂いや刺激性を気にすることなく食べることができることと、非常に優れた健康食品だからです。生にんにくには含まれないSーアリルシステインが、生にんにくを熟成させたことによって生成されて含まれています。Sーアリルシステインとはポリフェノールの一種で、悪玉コレステロールや血圧を低下させる効果があります。また、免疫力を増強させる効果があるため、風邪やインフルエンザ予防、ガン予防にも効果があります。よって、黒にんにくの人気の理由とは、疲労回復、活力がでる、病気予防、老化防止など、さまざまな効果を、気軽に食べながら上げられる食品だからです。また、科学的な食品添加物を一切使用していない食品なので、安心して食べられる食品だからです。生にんにくを熟成させたことによって、味もまろやかになり、おいしく食べられます。

黒にんにくの効果・効能は?

最近、家庭でも手軽に作れて健康に良いと話題の黒にんにくですが、ただ健康に良いから沢山摂取すれば良い。と言うだけではなく、その効果や効能を知り上手に活用することで、更に普段からの健康維持に役立つ一品となります。
まず、普通のにんにくと違って黒い理由は、高温で高湿な環境下でしっかり熟成発酵させることにより、食品の加工や貯蔵の際に生じる、製品の着色や香気成分の生成、また抗酸化性成分の生成等に関わる反応であり、良く知られている所だと、チョコレートなどが上げられます。これからわかることは、添加物などを使用して着色したわけではないと言うことで、身体に安全な食品であると言うことです。
普段目にしている白いにんにくにでも、疲労回復や滋養強壮、高血圧や心筋梗塞の予防に良い食材として、知られていますが、メイラード反応により、アスパラギン酸・アルギニン・アラニン・バリン等のアミノ酸の含有量も増えているので、その効能が高くなっていることが期待できると言われています。
特に、黒にんにくは普通のニンニクの約6倍のポリフェノールが含まれており、血圧の上昇を抑えたり、眼精疲労の回復にも効果があるとされます。
香気成分の生成により、ニンニク本来の臭いや刺激が緩和されている為、時間や場所を選ばずに使用できることも話題になっている理由の一つと言えます。

黒にんにくを食べてみる

黒にんにくといってもいろいろあります。
自分で作ることもできますし、通販で購入することもできます。
さらに黒にんにくサプリメントもあります。
黒にんにくを摂取したいという方はこちらの黒にんにく通販ガイドを見てみてください。

更新履歴